iFC津田沼パルコ店は10月23日のオープンより、たくさんのお客様から修理のご依頼を頂いております!
修理のご相談に来られるお客様の中でも比較的多い案件はガラス割れや液晶破損ですが、以外にも多かったのが水没修理です。

水没させてしまって電源が入らなくなった、電源は入るが液晶の映りが悪い等さまざまな症状がありますが
水没させてしまった後の行動によって、修理をした時の直る確率がかなり違ってきます。

水没基盤クリーニングでは腐食した端子を洗浄させていただき、本体内部の水分を飛ばさせていただきます。
これはよくある事例なのですが水没させた後に電源を入れようとし、基盤がショートしてしまう事があります。
基盤がショートしてしまった場合には高確率で電源が入らなくなります。
基盤がショートしてしまうと、基盤クリーニングをしただけでは確実に直りません。

水没時に電源が入っていても時間経過で基盤がショートしてしまうケースもあります。
なので水没をさせてしまったら電源が付いていても電源を落としましょう。

水没させた場合は電源は入れずに乾燥材か何かと一緒に袋に入れ、速やかに修理店へお持ちいただくのがよいかと思います。

しかし、基盤がショートしてしまった場合でも復旧できる可能性はあります。
iFC津田沼パルコ店では基盤修理を行っていますので
他の修理店に水没クリーニングしてもらったけどだめだった、、、
そんな方もぜひ一度、iFC津田沼パルコ店へご相談ください!

ただし、基盤修理の場合は修理端末をiFC本部へ送らせていただき
基盤修理に特化したスタッフが修理を行いますので1週間ほどの期間を頂いておりますので、ご了承くださいませ。