iPhone修理のiFC津田沼パルコ店です!

当店では毎日たくさんのお客様のiPhoneトラブルのご相談をお受けしていますが

ご相談に来られるお客様の中でも、特にiPhone6をお持ちの方が多いようです。

修理内容は、ガラス割れ、液晶割れ、バッテリー交換がほとんどですね。

 

修理をお受けする際に端末の状態をチェックさせていただいているのですが

iPhone6以降の端末を見ると、ほとんどの端末はフレームが歪んでいます。

 

フレームの歪みは酷くなるとタッチ不良や液晶破損等、端末の故障につながる場合もあります。

また、フレームが歪んでいると修理の際に様々な影響を及ぼします。

例えば、ガラス交換の際に新しいガラスパネルの取り付けがうまくいかなかったり

保護フィルム貼る際に気泡ができてしまったりします。

 

iPhone6以降の端末はiPhone5,5sシリーズに比べてフレームが薄いため歪みやすいのです。

ポケットに入れていたら気付かないうちに曲がっているということはよくあります。

 

そうならないためにも、iPhoneをしまう場所はよく考えたほうがよいでしょう。

間違ってもお尻のポケットには入れてはいけません。

入れていることを忘れてそのまま座ってしまった時にはもう、、、、

 

iPhone6以降をご使用中の皆様、どうぞお気をつけくださいませ。